Data Art

ごあいさつ

思考から試行へ TRY&TRY

 株式会社データ・アートは、映像のリーディングカンパニーとして、常に「思考」し、そして「試行」し、挑戦し続ける、飽くなき探究心をモットーに「人々を楽しませ夢と感動を与え、社会の発展に貢献すること」を目標として事業活動を行っております。当社は、創業以来培ってきたソフトウエアの開発力、映像の編集技術力を融合した「デジタル・エンタテイメント」事業をコア事業と見定め、アミューズメント業界から支持と信頼を獲得し、現在の地位を確立してまいりました。

 現在は「画像表示ソフト」の開発を担う「クリエイティブ事業本部」、アミューズメント機器の生産管理業務を担う「特機事業部」が相互に有機的に連携することにより、多様なニーズに対応した製品・サービスを提供するとともにユニークなアイディアを具現化しています。ネットワーク社会の急激な拡大に伴い、人々のライフスタイルも変化し、様々なコミュニケーションツールのデジタル化が進むなかで、今こそ「心の豊かさ」が求められています。私たちは「心の豊かさ」を大切に、前向きに明るく生きることこそが、生活の豊かさ、社会の活況につながると信じております。

 当社の企業財産ともいえる人材(=人財力)はこの考えに基づき育まれており、個々の人材が持つ技術力と豊かな創造力を最大限に活かすことで、他社にマネのできない斬新な企画開発を可能にしております。そのために、日々「TRY & TRY」を繰り返し、夢や目標を実現すること、これこそが私たちのチャレンジであり、進化そのものであります。
 今後とも、これまで培ったノウハウ、技術を充分に活用し、時代のニーズと風を読みながら、幅広い分野で夢と感動、喜びを提供し、新しい価値の創造に邁進してまいります。

 代表取締役社長
   森田 啓文

更新情報・お知らせ

2018/05/01
サイトリニューアルNEW
2016/07/01
役員を変更
2015/10/26
会社概要と沿革を更新
2015/09/01
会社概要を更新
2015/03/17
サイトリニューアル